新着情報

ホーム > 新着情報 > イベント情報

イベント情報

山形大学アカデミックキャンプ2017を開催します

2017.06.15

 山形大学では、昨年度に引き続き、高校生を対象として、大学教員と大学生と共に課題探求型学習を行うアカデミック・キャンプを開催します。 理学部の詳細については以下をご確認ください。

【8/5(土)】英語で数学を学びましょう

  • 主催者:佐野 隆志 教授
  • 日 時:平成29年8月5日(土) 9:00~17:00
  • 定 員:5名
  • 内 容:

   高校(中学)での数学の授業ですでに学んだ内容を、英語のテキストで取り扱います。
   辞書を片手に、割り当てられたテキストの内容を読解し、その後、黒板でその内容を
   発表してもらいます。

【8/5(土)】動物のかたちを観察する

  • 主催者:渡邉 明彦 教授
  • 日 時:平成29年8月5日(土) 9:00~17:00
  • 定 員:3名
  • 内 容:

   生物のからだがもっている様々なかたちは、特有の機能を効率よく果たすために
   重要な役割を担っています。
   この講座では、特に昆虫の眼と翅に焦点を当てて、電子顕微鏡を使ってミクロの
   かたちを観察します。
   超微細な構造とそれが果たす機能との関係を考えてみましょう。
   (藻類とプラナリアを対象としたオプションも準備していますので、希望者は
    お問い合わせください。)

【8/5(土)】電気信号の伝わり方

  • 主催者:遠藤 龍介 准教授
  • 日 時:平成29年8月5日(土) 9:00~17:00
  • 定 員:5名
  • 内 容:

   導線中を流れる電子の速さはせいぜい秒速数ミリメートルが普通です。
   でもスイッチを入れたら、ライトはすぐに点灯します。なぜでしょう?
   この講座では、コンデンサーとコイルを使った回路を実際に作りながら、電気信号の
   伝わり方について学びます。

【8/6(日)】DNA鑑定-種、品種、個体を識別する遺伝子分析

  • 主催者:玉手 英利 教授
  • 日 時:平成29年8月6日(日) 9:00~17:00
  • 定 員:10名
  • 内 容:

   犯罪捜査、遺伝子組替え食品の検査、品種の同定、野生生物の調査など、様々なところで
   使われているDNA鑑定を体験します。
   マイクロリッター単位の微細な実験操作を通じて、個体や品種ごとの遺伝子の違いを見つ
   けます。
   究極の個人情報であるDNAの取扱いに関する倫理的な問題についても考えます。

【8/6(日)】炎光光度計を使ったカリウム測定をしてみよう

  • 主催者:岩田 尚能 准教授
  • 日 時:平成29年8月6日(日) 9:00~17:00
  • 定 員:5名
  • 内 容:

   アナログな古い装置を使うと、どういう仕組みで測定値が出てくるのかがよく分かります。
   今回使用する炎光光度計は、普段、岩石や鉱物に含まれるカリウム量の測定に使っている
   装置です。自動化されておらず、素朴で、仕組みが分かりやすくなっています。
   この講座ではこの装置を利用し、測定用溶液の作成・測定値の読み取り・データ解析までの
   一連の作業を通じて、機器分析を体験します。

【8/5(土)~8/6(日)】
 ヒト細胞への遺伝子導入実験から考える、将来の遺伝子治療の倫理観

  • 主催者:奥野 貴士 准教授
  • 日 時:平成29年8月5日(土)~8月6日(日) 9:00~17:00(両日とも)
  • 定 員:6名
  • 内 容:

   近年、ヒトゲノムを思い通りに改変できる”ゲノム編集”が登場し、ライフサイエンス研究に
   おける重要な技術の一つになってきました。
   この講座では、ヒト培養細胞への遺伝子導入実験などを実際に行ったうえで、将来の遺伝子
   治療について皆さんと議論していきます。

お申込み方法・お問い合わせ先

 お申込み方法・お問合せ先については、コチラをご参照ください。
 お申込み締切:平成29年6月30日(金)

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲