新着情報

ホーム > 新着情報 > イベント報告

イベント報告

女性研究者裾野拡大セミナー開催しました

2017.12.18

平成29年12月16日(土)に、女性研究者裾野拡大セミナーを開催しました。

 今回のセミナーは、8月28日(月)に開催した「理学部でなにができるのか?~女子高校生のための山大理学部案内~」に続き今年度2回目となるセミナーで、「理学部の研究室を覗いてみよう!」と題し、興味を持ったコースの教育・研究を体験してもらいました。

 当日は、山形県立山形西高等学校の生徒59名が参加。
 はじめに、脇克志教授(理学部男女共同参画推進担当)から、
「今回の女性研究者裾野拡大セミナーでは、理学部の各コースの研究の部分を詳しく見たり、聞いたり、体験することができます。」
「理学の奥深さや楽しさに触れてみることで、皆さんの中に新たな“何か”が見つかるかもしれません。」
「どうぞ今日のこの機会を、皆さんの今後の学びのきっかけにしてほしいと思います。」
というメッセージが伝えられました。

 次に、希望のコースに分かれて、講義・実験に参加。
 数学コース:面積、体積について
 物理学コース :物質中の不思議なミクロの世界
 化学コース  :有機合成と分子認識「メチルオレンジの合成とシクロデキストリンへの取り込み」
 生物学コース :からだの微細なかたちを観察する
 地球科学コース:本物の宝石と偽物との見分け方~結晶光学の知識を利用した簡便な判定法と
         顕微レーザラマン分析装置を用いた分析法~
   データサイエンスコース:表計算からみるデータサイエンス
という内容で、各研究室が工夫を凝らした実験・講義を行いました。
参加者は時には真剣に、時には驚きの声をあげながら、楽しそうに取り組んでいました。

 今回のセミナーが、参加者の進路選択の手助けになれば、とても嬉しく思います。
 今後も、山形大学理学部では、理系女子のための企画を開催し、将来の女性研究者を応援していきます。

  1.脇教授(理学部男女共同参画推進担当)の挨拶.JPG 2.数学コース:面積、体積について.JPG

    脇教授(理学部男女共同参画推進担当)の挨拶                 数学コース:面積、体積について 

 4.物理学コース:物質中の不思議なミクロの世界.JPG  5.化学コース:有機合成と分子認識「メチルオレンジの合成とシクロデキストリンへの取り込み」.JPG

        物理学コース:物質中の不思議なミクロの世界              化学コース:有機合成と分子認識
                                     「メチルオレンジの合成とシクロデキストリンへの取り込み」

 6.生物学コース:からだの微細なかたちを観察する.JPG 7.地球科学コース:本物の宝石と偽物との見分け方~結晶光学の知識を利用した簡便な判定法と顕微レーザラマン分析装置を用いた分析法~.JPG

     生物学コース:からだの微細なかたちを観察する                        地球科学コース:本物の宝石と偽物との見分け方          
                                 ~結晶光学の知識を利用した簡便な判定法と顕微レーザラマン分析装置を用いた分析法~

3.データサイエンスコース:表計算からみるデータサイエンス.JPG

   データサインエンスコース:表計算からみるデータサイエンス

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲