新着情報

ホーム > 新着情報 > イベント報告

イベント報告

小さな科学者・体験学習会「マイナス200度の世界」を開催しました。

2018.03.14


平成30年3月10日(土)に、小さな科学者・体験学習会「マイナス200度の世界」
を理学部サイタセンターで開催しました。22名の児童と保護者合わせて42名の方々
に参加して頂きました.この催しは春休みに毎年開催している理学部の人気イベ
ントのひとつです。今年で記念すべき20回目となりました。

今年も、液体窒素を使った様々な実験を通して、極低温の世界を楽しく体験して
もらいました。定番のバラやバナナはもちろんのこと、犬の風船を冷やしたり、アルミ缶の
表面に着く液体酸素の実験などを行いました。超伝導をはじめいくつかの実験には保護者の方々
にも参加してもらい、親子で体験していただきました。

 

1.jpg 2.jpg

ふー、ふーっ。                                                                       わあ~、縮んでいく。 
この息を凍らせるといったいどうなるのだろう。      風船の犬を液体窒素のお風呂にいれたら・・・     

3.jpg 4.jpg

えっ,何で?                                                                                       弾力ある感触!
アルミ缶の表面に付いた「水滴」に線香の火を触れさせると・・・    超伝導体の上で浮いている磁石に触れると・・・

 

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲