大学院理工学研究科紹介

大学院理工学研究科紹介

ホーム > 大学院理工学研究科紹介

大学院理工学研究科(理学系)

科学技術の急速な発展と高度化に伴い各専門分野の細分化が進む一方で、従来の学問体系を超えた、新しい境界領域と学際領域が開拓され、科学技術の統合化が進められています。そんな中、人類の抱えている地球環境やエネルギーなどの諸課題を解決するためには、自然の摂理や生命・物質の本質を問いただす理学的側面と人間社会の営みへの合理的支援や生産技術の開発を志向する工学的側面とが融合し、新たな高等教育研究組織への脱皮が必要です。そのために、既存の工学研究科に理学系専攻を新たに加え、基礎と応用の融合を図り発足したのが現在の山形大学大学院理工学研究科博士課程です。
博士前期課程(理学系)には1専攻5分野(理学専攻:数理科学分野、物理学分野、化学分野、生物学分野、地球科学分野)、博士後期課程(理学系)には地球共生圏科学専攻(5分野)の1専攻があります。

博士前期課程

理学専攻

博士前期課程の理学専攻では,専門とする分野の深い知識と技能とともに,幅広い理学の知識を兼ね備え,異なる分野の知識や研究成果を総合して新たな理論や技術を生み出す人材を養成し,科学技術の社会的利用において不可欠となる情報セキュリティ,知的財産,法令遵守,安全衛生管理に関する確かな理解を持ち,優れた社会性と倫理性を備えて,科学技術の発展に貢献する人材を育てることを目標としています。

数理科学分野

修士論文の投稿原稿と指導教員による校正

修士論文の投稿原稿と指導教員による校正

数理科学分野はそれ自体で知的探究心の対象であるばかりでなく、科学技術社会、情報化社会を支える一分野であると言えます。学部教育の成果の上に、講義およびセミナーによる学習と研究を通じて、数理科学の理論・応用両面について専門的な知識と方法を習得させることにより、豊かな想像力と総合的な判断力を持ち、高度な数学的素養を身に着けさせる教育・研究を行います。

物理学分野

ヒゲ銀

ヒゲ銀

物理学分野は、全ての自然現象を支配する基本法則を明らかにしようとする学問です。自然現象の面白さを実感し、基本法則解明のために要求される問題解決能力、そして新しいアイデアを創造する力を身に付けさせる教育・研究を行います。

化学分野

室温で焼結し、電気伝導性を示すようになる銀ナノ微粒子の透過型電子顕微鏡写真

室温で焼結し、電気伝導性を示すようになる銀ナノ微粒子の透過型電子顕微鏡写真

化学分野は生命体を含む自然界に存在する様々な物質および人工的に創製された物質について、その構造、機能、反応や特性を様々な角度から解明することを目的とし、化学を基本にした専門性の追求とともに、広い知識の享受および創造性と応用性の高い教育・研究を行います。

生物学分野

パラオ諸島に生息するクラゲ類の潜水調査

パラオ諸島に生息するクラゲ類の潜水調査

生物学分野では、特定の領域に偏ることなく、細胞・生理・発生・行動・個体群・群集・進化などの様々な領域を網羅するカリキュラムを組みました。これにより、専門性の追求に留まらず、幅広い知識に裏付けされた創造性・応用性にあふれた教育・研究を行います。

地球科学分野

ICP-MSによる岩石の希土類元素分析

ICP-MSによる岩石の希土類元素分析

地球科学分野では、地圏、水圏、気圏の物理・化学的性質の追求、これら各圏内部や相互の物質・エネルギー循環の把握、それらの進化と発展の理解を通じて、人間を取り巻く地球環境の実体と、人間と地球の間の相互作用を理解する教育・研究を行います。

博士後期課程

地球共生圏科学専攻

山形大学と研究協力協定を結んでいる欧州原子核研究機構(CERN)の象徴「Globe」

山形大学と研究協力協定を結んでいる欧州原子核研究機構(CERN)の象徴「Globe」

博士後期課程の地球共生圏科学専攻では、より高度で専門的な研究を通して、さらに理学を究めることができます。そこでは、世界中の研究者がしのぎを削って挑戦しているような先端的な研究に従事することになるでしょう。国内外の大型研究施設での共同研究や、世界中をフィールドとする調査など、その領域は無限です。

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲