新着情報

ホーム > 新着情報

研究ニュース

山形県沖の地震の被害調査を行いました

2019.07.23

 2019年6月18日に山形県沖の日本海を震源とするM6.7の地震が発生し、山形県内では鶴岡市で震度6弱の揺れが記録された。山形大学理学部では、翌19日と22日、23日に鶴岡市から新潟県村上市府屋にかけての沿岸地域一帯において被害状況を調査し、とくに墓石の変位・転倒状況についてデータを収集・解析した。調査の詳細は、下記リンクの資料をご覧下さい。

 

DJI_0094西光寺mm.jpg

リンク

山形県沖の地震被害に関する調査:特に墓石の変位・転倒について(速報)初版【PDF】

2019年山形県沖の地震被害に関する調査(速報)改訂1版【PDF】(7/23更新)

要点

・39ヶ所の墓地の調査を行った。
・小岩川地区の墓地において局所的に震度6強の揺れが示唆された。
・由良地区、大山地区の墓地において震度6弱の揺れが示唆された。

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲