新着情報

ホーム > 新着情報 > イベント報告

イベント報告

女性研究者裾野拡大セミナー「理学部の研究室を覗いてみよう」を開催しました。

2013.12.26

 山形大学理学部は、平成25年12月14日(土)に、女性研究者裾野拡大セミナーを開催しました。この事業は、山形大学男女共同参画基本計画に基づき、より多くの女子学生に「研究」の魅力を感じてもらい、将来、研究者を目指す女子学生の増加を図ることを目的として、山形大学男女共同参画推進室との共催事業として開催したものです。

 今回のセミナーは、平成25年9月6日(金)に開催した「理学部で何ができるの?~女子高校生のための山大理学部案内~」に続き、今年度2回目となるセミナーで、「理学部の研究室を覗いてみよう」と題し、山形県内の女子高校生約80名にご参加いただき開催しました。

 本セミナーは、理学部各学科(数理科学科、物理学科、物質生命化学科、生物学科、地球環境学科)の研究室を開放し、山形大学理学部はどんなところ? どのような研究が行われているの? 理学部の教授やリケジョ(理系女子)の先輩はどんな人たち? 研究室ってどんな雰囲気? などなどの素朴な疑問を解決していただこうと、ゼミ形式のものや実験形式のものを取り入れて各研究室で工夫を凝らして開催したもので、参加者からは「大学の教育研究内容や研究室に対する理解が深まった」「女性でも研究者になることが夢ではないことがわかった」など多くの感想が寄せられました。

 山形大学理学部は、今後も、男女共同参画を推進するための様々な取り組みを積極的に行ってまいります。


生物学科の玉手教授による実験 「ゲノムDNAに刻まれた『情報』を見てみよう」


物質生命化学科の並河准教授による研究内容紹介


物理学科の女子学生による研究内容紹介


地球環境学科の加々島准教授による実験 「本物の宝石と偽物との見分け方」


物理学科の女子学生による研究内容紹介


数理科学科の方教授によるゼミ 「数理モデルで自然現象の解明を」

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲