新着情報

ホーム > 新着情報 > 研究ニュース

研究ニュース

透明フレキシブル樹脂への新しい超微細回路形成技術がNature Communications掲載。本学発の銀ナノ微粒子インク(国際特許技術)がいよいよ実用化へ!

2016.04.25

 本学部の栗原正人教授(ナノ材料化学・無機化学)らは、産業技術総合研究所・東京大学・田中貴金属工業株式会社・科学技術振興機構(JST)との共同研究により、紫外光照射でパターニングし、銀ナノ粒子を高濃度に含む銀ナノインクを表面コーティングするだけで、超高精細な銀配線パターンを製造できる画期的な印刷技術「スーパーナップ(SuPR-NaP;表面光反応性ナノメタル印刷)法」を開発しました。
 詳細は、本学ホームページの「注目の研究」に掲載されています。

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲