新着情報

ホーム > 新着情報 > イベント報告

イベント報告

心肺蘇生法講習会を開催しました

2017.05.02

心肺蘇生法講習会

 4月27日(木)に山形市消防本部(山形市緑町4-15-7)を会場として、AED(自動体外式除細動器)を使った心肺蘇生法講習会を実施し、44名の学生と教職員が参加しました。現在AEDが理学部2号館3階エレベーター前を含め、小白川キャンパス内に14箇所設置されている(下図参照)ことから、いざという時に有効に活用できるようにと実施したものです。

 山形市消防署の方の指導を受けながら、参加者全員が胸骨圧迫と人工呼吸による心肺蘇生法を体験し、AEDの操作法と喉に物が詰まった時の異物除去法、止血法も併せて学びました。
 講師の方のお話しによると、山形市の救急車到着までの平均時間は全国平均とほぼ同じ8~9分である。蔵王温泉や山寺も含まれ、また積雪等により遅れる可能性もあるため、救急車の到着時間を短くすることは困難である一方で、心臓の停止などによって脳に酸素が届かなくなった方の命が助かる可能性は、何もしなかった場合に比べ、その場に居合わせた人が救命措置をした場合の方が格段に高まることから、心肺蘇生法を身につけることが重要となる、とのことでした。
 今回の参加者は、万が一の際には勇気を持って今回の講習を生かせるものと思います。また、山形市・山辺町・中山町に住んでいる方が対象の24時間健康・医療相談サービス(下記URL参照)についての案内もあり、今後の生活に役立つ有意義な時間となりました。

 なお、今回実施した普通救命講習Ⅰ(3時間)を受講した方には、山形市消防本部より修了証が交付されます。


山形大学小白川キャンパス キャンパスマップ

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲