新着情報

ホーム > 新着情報

研究ニュース

4名の博士前期課程学生が化学系学協会東北大会ポスター賞を受賞

2018.11.14

化学分野博士前期課程に所属する4名の学生が、平成30年9月21日、22日に秋田にて開催された平成30年度化学系学協会東北大会にてポスター賞を受賞しました。4名の受賞題目と研究概要は以下の通りです。

板谷昌輝(物理化学分野で受賞)

題目:Self-Organized Liesegang Structures Controlled by Potential Gradient(ポテンシャル勾配によるリーゼガング型自己組織化構造の制御)                                                                                                                                                                                   研究概要:自然界には自己組織化現象と呼ばれる自発的に周期構造を形成する現象数多くみられます。これらは化学反応により再現が可能であり、その一つとしてリーゼガングパターンと呼ばれるものが知られております。本研究においては、“リーゼガングパターンの周期性”が“反応媒体の濃度勾配”により制御されることを見出しました。

佐々木泰河(無機/分析/環境化学分野で受賞)  

題目:Construction of naphthalocyanine molecular spin-coated films by adding fullerene.(フラーレンを加えたナフタロシアニン分子スピンコート薄膜の構築) 

研究概要:本研究では、酸化に対する安定性に課題のあるナフタロシアニン系分子にフラーレン分子を混合させた溶液からスピンコート薄膜を作製することで、安定性を向上させたナフタロシアニン薄膜の作製を行い、機能性評価を行いました。この技術により、ナフタロシアニン系分子の近赤外光太陽電池への利用に期待できます。

高橋尚也(高分子/繊維化学分野で受賞)                       

題目:Honeycomb structural formation of liquid crystal substituted polyhedral silsesquioxanes in dewetting process(液晶分子を有するシルセスキオキサンの脱濡れによるハニカム構造の作製)

研究概要:私は基板表面の薄膜成分が液滴化する現象によるマクロ構造の構築を目指しています。この現象は脱濡れと呼ばれており、本研究ではカゴ型の分子構造を有するシルセスキオキサンを液晶分子の力で構造制御しました。今回の学会ではシルセスキオキサンがハニカム状に脱濡れした構造を構築する事を発表しました。 

橋本篤毅(無機/分析/環境化学分野で受賞)

題目:Synthesis of Cu Nanoparticles by Thermal Decomposition of Oleylamine-Coordinated Cooper Oxalate Complex (シュウ酸銅オレイルアミン錯体の熱分解による銅ナノ粒子の合成) 

研究概要:銅ナノ粒子は光学・触媒・電気的に特異な特性を有し,様々な研究に応用されています.しかし単分散な銅ナノ粒子の合成は多量の溶媒・還元剤を含んだ希薄条件で行われています.私の研究では,シュウ酸銅オレイルアミン錯体の熱分解により,溶媒・還元剤の不要な条件で単分散銅ナノ粒子を高濃度・高収率(91 %)で合成しました.

 

IMG_0226.JPG

                                                                                  

 

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲