新着情報

ホーム > 新着情報 > 研究ニュース

研究ニュース

堂下典弘助教が山田科学振興財団の海外での協同研究助成の長期間派遣援助に採択され、CERNに派遣されることになりました。

2017.04.05

 山田科学振興財団の長期派遣援助は、海外における学識交換を通じて学術の国際交流を促し、また協同研究によって相互に研究の学際的あるいは国際的な進展を図るため、研究者を長期間(6ヵ月~1年間)海外派遣するための滞在費、渡航費等の助成(1名あたりUS$10,000-)を行うものです。堂下氏はCERN(ヨーロッパ原子核研究機構)でのCOMPASS国際共同研究に参加し、「偏極ビームと遍極標的を用いた核子スピン構造の研究」を目的とした研究を行います。
 なお、本研究助成には物理、化学、生物・医学及びそれらの複合領域・関連分野する学術分野から全部で8件が採択されています。


CERNで共同研究者と一緒に(右端が堂下氏)


偏極標的の準備(右端が堂下氏)

ページトップへ

サイトマップを閉じる ▲